Menu

大動脈瘤の治療について 血管外科医大竹裕志

プロフィール

学歴・職歴
昭和57年 大分県立中津南高等学校を卒業
昭和57年 金沢大学医学部医学科に入学
昭和63年 同 卒業
平成元年  金沢大学医学部附属病院 第1外科 研修医
金沢大学大学院医学研究科(外科学第1)に入学
平成 5年 同 修了(医学博士)
平成 8年 金沢大学医学部附属病院 助手
平成10年 Alexander von Humboldt財団奨学生としてDüsseldorf大学血管外科で手術研修・研究に従事
平成12年 富山医科薬科大学 医学部 第1外科 助手
平成12年 金沢大学医学部附属病院  第1外科 助手
平成15年 同 心肺・総合外科(旧第1外科) 医局長
平成15年 同 心肺・総合外科(旧第1外科) 講師
平成19年 同 臨床教授
平成22年 金沢大学大学院医学系研究科 特任教授 
平成26年 ニューハート・ワタナベ国際病院 副院長兼血管外科部長
平成28年 ニューハート・ワタナベ国際病院 院長兼血管外科部長
資格
昭和63年 医師免許取得 
平成 6年   日本胸部外科学会認定医 
平成15年 日本外科学会指導医 
平成16年 心臓血管外科専門医 
平成21年 脈管専門医 
平成20年 胸部・腹部ステントグラフト内挿術指導医
平成23年 心臓血管外科修練指導者
平成26年 血管内治療認定医 
所属学会
日本胸部外科学会          
日本外科学会 
日本ロボット外科学会 (理事)
日本心臓血管外科学会 (国際会員) 
日本血管外科学会 (評議員)    
日本血管内治療学会 (評議員)
日本循環器病学会 (北陸支部評議員)
日本脈管学会 (評議員)
日本静脈学会
日本生体医工学会会員 
ヨーロッパ血管外科学会 
ドイツ血管外科学会
International Union of Angiology
研究活動・論文

1.文部科学省科学研究費
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60283131

2.最近の主要論文
A novel coronary active perfusion system using a conventional intra-aortic
balloon pump for off-pump coronary artery bypass grafting.
Kiuchi R, Tomita S, Yamaguchi S, Nishida Y, Ohtake H, Nakamura H,Watanabe G. J Thorac Cardiovasc Surg. 2014 Jul;148(1):304-10.
Assessment of a new type I endoleak repair technique using an anchoring device. Tuan PM, Ohtake H, Ryuta S, Watanabe G. Innovations (Phila). 2013 Jul-Aug;8(4):289-95.
Stent in the heart. Watanabe G, Ohtake H, Tomita S, Yamaguchi S, Iino K.
J Am Coll Cardiol. 2012 Feb 7;59(6):627
Neurological deficit after simultaneous open abdominal aortic surgery and thoracic aortic endovascular therapy. Ohtake H, Kimura K, Tomita S, Yamaguchi S, Sanada J, Matsui O, Watanabe G. Int Angiol. 2011 Feb;30(1):88-91.
Risk factor analysis of thoracic endovascular repair using the Matsui-Kitamura stent graft for acute aortic emergencies in the descending thoracic aorta. Ohtake H, Kimura K, Sanada J, Matsui O, Watanabe G.
J Vasc Surg. 2010 Dec;52(6):1464-70.;
Elective Matsui-Kitamura stent graft repair for descending thoracic aortic aneurysm and chronic type-B aortic dissection. Ohtake H, Sanada J, Kimura K, Matsui O, Watanabe G. Thorac Cardiovasc Surg. 2010 Aug;58(5):265-70.

3.最近の学会発表
2014年4月 第114回日本外科学会 ビデオシンポジウム
弓部大動脈瘤に対するDebranching併施のTEVAR

金沢大学 心肺・総合外科1),放射線科2)
大竹裕志1),木内竜太1),新谷佳子1),山本宣孝1),村松 賢一1),西田佑児1),山口聖次郎1),富田重之1),眞田順一郎2),渡邊 剛1)

2013年10月 第54回日本脈管学会 シンポジウム
弓部大動脈瘤に対するDebranching併施のTEVARにおける脳梗塞予防

金沢大学 心肺・総合外科1),放射線科2)
大竹裕志1),木内竜太1),新谷佳子1),山本宣孝1),村松 賢一1),西田佑児1),山口聖次郎1),富田重之1),眞田順一郎2),渡邊 剛1)

2013年9月 第61回日本心臓病学会 教育講演
弓部大動脈瘤に対するTEVARの現状

金沢大学 心肺・総合外科1),放射線科2)
大竹裕志1),木内竜太1),新谷佳子1),山本宣孝1),村松 賢一1),西田佑児1),山口聖次郎1),富田重之1),南 哲弥2),眞田順一郎2),渡邊 剛1)

大動脈瘤の治療についてのご相談はこちらから
メールでお気軽にご相談ください